FC2ブログ

タダ読みたくて

自作小説「神泊村」を連載しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

蛇神-喜右ヱ門編 11

 “仕え・守りたい”と、喜右ヱ門が心から思う相手。

 それが光希だった。

 艶かしい神事やそれに関した人への嫌悪。
 消えた訳ではない。
 意図的に光希を、神事に於いてだけでなく、個人的な面に於いても、そういったものとは無縁であると、喜右ヱ門は思い始めていった。
 普段の光希の立ち居振る舞いや、役目を滞りなくこなしてゆく姿が、その思いを抱き易くした。

 無縁と言うのは、さすがに有り得ない、という思いもあった。
 だがしかし、度重なる男女の艶かしさが、きつく、辟易気味にさえなっていたが、内心、未だに神事を垣間見る度に、どぎまぎしているのに比べ、平常の態度である光希とのその差が、思い込みを強くし、増長をもさせるようになった。

 友から主従へ。
 対照的な位置にいる光希が、犯すべからずの聖域であるとも思うようになっていった。
 無縁である、と言うよりも、無縁でなくてはならない。

 “貶めてはならない”

 嫌悪する姿など見せない光希は、喜右ヱ門が個人的な主(あるじ)として定めるには、もってこいの相手だった。


 何だの……?
 聞こえるか聞こえないかの、囁く様な声が、目の前の遣戸から漏れ聞こえてきた。


 | 目次 | 

別窓 | 第4章 告白→6 蛇神-喜右衛門 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<蛇神-喜右ヱ門編 12 | タダ読みたくて | 蛇神-喜右ヱ門編 10>>

この記事のコメント

■kazuさんへ
あ。良かったw
たった二行、遣戸の記述だけで、
戻ったのが分かるかどうか、不安でしたv
さすが遣戸マニアv(←激しく違う!)

神事は、エモンには苦行……でした。
いえ、思春期なのだから、多少
旨味もあっただろうとは思いますが。(←余計な一言)
嫌悪感があったからこそ、神事にのめり込む事がない、
正常なところも残ったのだろうなと思います。
しかし、ついにですv
来週、これからkazuさんにもっとドキドキしてもらう様、
エモンには、頑張ってもらいます♪(笑)


■楓さんへ
“ど”付き☆どうもです♪
心からここでそう思っちゃうのは、
昨今、ありえないくらいのミラクルMだなぁと、管理人も密かに(笑)
古から続く、どMの血……。サラブレッド?(笑)

ハイ☆回想はここで終了でっすv
Kazuさんと同じく、たった二行でお分かりになるとは。
もうシーンの予想が!?
おいしいところは来週に持ち越しますです(^^ゞ


■chachaさんへ
訪問せず、もらってばかりですみません(^^;ゞ
エモンのドキドキを体験してくださると、嬉しいですv
光希、この時には一郎も居なかったし、
孤軍奮闘……といったところでしょうか。
主従の関係は望んでいないようです。
友達、と。
一番大事な、大切なポジションだと思いますが……。

セリフがない文ばかりで。
徐々にですが、セリフが増えてゆきますですv
長かった回想もついに終わり、
試練がエモンの前に現れます(笑)
2007-04-14 Sat 18:04 | URL | c.p #-[ 内容変更]
きゃぁきゃぁ!><
エモンくんの心情がわかりやすく、丁寧に描かれていて、読んでいる私もドキドキしながら光希を想っちゃいました(笑)
光希、すごいな。
ちゃんと正面から立ち向かおうとして。
背筋がピシッと伸びて、まっすぐ前を見据える様子が目に浮かびます^^
本当、何もしなければ、何も感じなければ変わらないまま。
それを変えようとする光希、エモンくんにはさぞかし尊敬するべき人物、いえいえ、それ以上の人に思えたでしょうね。
主従の関係へ・・・
それは、光希は望まない関係でしょうが・・・

で、現実に戻ったエモンくんの前には何が!?
うわぁぁドキドキが募る~~><(笑)
2007-04-13 Fri 12:40 | URL | chacha #-[ 内容変更]
前々からもしや・・・とは思っていたのですが、
エモン君・・・
君ってば・・・
まさか・・・どMでは?!!←何を言い出すかと思えば・・・汗
いや、きっとそうだっ!
そうに違いないっ!
光希君に仕えたい・・・そう心から思う・・・ああっ・・・
それが斎家の男性に流れる古(いにしえ)の血なのか・・・
そしてシーンは回想から現世に戻り・・・
ふんぎゃあああああっ!!←と、とりあえず叫んでみた
2007-04-12 Thu 18:34 | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 内容変更]
なるほど・・・。
エモンくんは、そうやって光希くんを慕うようになっていったんですね。
嫌悪すべき神事にかかわる人々。
血の呪いに戒められている中で、光希くんだけは変わらない。
その中で、凛として生きている光希くんに希望を抱いた。
エモンくんの心情に、ドキドキしっぱなしのkazuです。

回想から、戻りましたね。
遣戸の前に。
漏れ聞えてきた囁き声。
つっ・・・ついにっすか!!
つうに・・・!!
2007-04-12 Thu 17:37 | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| タダ読みたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。