FC2ブログ

タダ読みたくて

自作小説「神泊村」を連載しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

蛇神-喜右ヱ門編 13

 離れた拝殿の縁の上に、老婆が小さく正座している。
 こちらを見ようともせず、俯いたまま、ぴくりとも動こうとしない。
 耳はまだまだ達者の筈だ。拝殿と神泊処との距離はそう遠くはない。
 微かながらも光希の声は聞こえている筈である。
 杉の古木のように落ち着き払っている様子が、更に喜右ヱ門を混乱させた。

 姥様にとっては予想の範疇なのだろうかのっ?只事でない光希様の声がっ?

 声が一段と高く響いた。
 だ、駄目ですのっ。
 切羽詰ったような、心を掻き立てる声だった。
 突き動かされたかのように、喜右ヱ門は目の前の遣戸に手を、ぐっ、と掛けた。

 パァンッ

 思わぬ西の方から、遣戸を手荒に開く音と、甲高い笑い声が、寒夜の空間を通し、はっきりと聞こえてきた。

 戸が開かれた!

 思うが早いか、ぱっ、と身を起こし、縁の上を西に走った。
 角に着いた時、欄干の上から雪上に飛び降りる、白い寝衣姿の少女の姿が見えた。

 桃花様っ?
 その足は早く、尚も笑い続けながら少女は雪の杉林の中へと走り込んでいった。
 追って追いつく速さではない。

 なしてここサ!?光希様はっ?
 建物に目を転じると、四枚仕掛けの遣戸が左右に押しやられ、中を窺える状態であった。


 | 目次 | 

別窓 | 第4章 告白→6 蛇神-喜右衛門 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<蛇神-喜右ヱ門編 14 | タダ読みたくて | 蛇神-喜右ヱ門編 12>>

この記事のコメント

■kazuさんへ
こんばんは☆火曜日でもう金曜日な気分のc.pです~( ̄∀ ̄~)
桃花が登場しました☆
エモン吃驚です☆
何であんな処にいたのか、理由は謎なのです(^^;ゞ
しかし、しかしです。お姉さん(←親父口調で(笑)
光希と識峰とのあれやこれや、ばっちり見てたっちゅー事になります☆
おお☆ものすごい勢いでエモンがkazuさんに連れ去られてゆく(笑
Kazuさんに可愛がられればエモンも本望でしょうv(←連れ戻す気ゼロ)笑


■楓さんへ
もう既に週末が恋しい管理人でっす(TT)←血の涙
駄菓子のすももが大好きでした☆(←関係ないちゅーねん)

識峰が神事を行う場所から、その娘が飛び出してまいりました☆
何故かは、毎度ながら謎という事で(^^;ゞ
杉の古木という言葉に反応いただき、嬉しいですv
沢ゝと~、う~ん、素敵ww
楓さんが日本を舞台にした物語などを書かれれば、
すこぶる魂を揺さぶられるような、
素敵な物語になるのでは。そう思いますv
シリアスきっちりな中に垣間見られる色気ありで。
髪の毛ハラリの路線で是非☆(笑)
見ますね。ええ、管理人も同じような状況なら、猛烈ダッシュかまします(笑)
ふふwエモン、1%の快楽に魂を抜かれてゆきますv
2007-04-17 Tue 23:39 | URL | c.p #-[ 内容変更]
スモモも桃も桃花様?!!←意味不明。
識峰様の娘桃花!!
・・・何故そこに?
まさか覗き見??
姥様はそれまで知っていたのだろうか?
杉の古木・・・沢ゝと葉ずれの音がかすかに聞こえ、ただしんと静まりかえる杉林を思い起こしました。
静かなること林のごとし・・・こええよぉ。。。
そいで・・・
そいでエモン君・・・
見るわさ。そりゃその状況なら見るわさ。
どうなるエモン?
1%の快楽に魂を抜かれてしまうのか?!!
2007-04-16 Mon 18:18 | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 内容変更]
も・・ももも・・・桃花様!?
なんで桃花様が!?
光希くんのただならぬ声に冷静ではいられなくなった、エモンくん。
遣戸を開こうと手をかけた瞬間、なぜに桃花様が飛び出してこりゃれる!!
こいつぁびっくりですね。
エモンくんの驚きが、伝わってくるようです。
てことは、桃花様は光希くんと識峰様のあれがこれでそうなる状態をみてたっちゅーことですか!!(笑
そして押し開いていった遣戸から、中をうかがえる状況になったエモンくん。
見ますよね・・・、そりゃ・・・。
見たくない気もしますが・・・。
うあぁぁぁ、エモンくんを連れ去りたい@@;
2007-04-16 Mon 17:11 | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| タダ読みたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。