FC2ブログ

タダ読みたくて

自作小説「神泊村」を連載しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

雪椿の場 1

 外の雪は止んでいた。
家(や)の中には無かった自然の平穏があった。
 杉の天蓋に降り積もった雪が、さらさらとこぼれ落ちてくる。その微かさを頬に感じるだけで、辺りは暗闇が広がっている。
 私達は、坂の雪面を社務所へと向かった。
 一つの足跡を辿りながら。
 喜右ヱ門はあれからすぐ社務所へと帰ったのだろう。点々と残っている足跡が酷く悲しく思えた。
 社務所では、起きている者は居ないようで、明かりのすべてが消えていた。横目に通り過ぎ、拝殿とを繋ぐ渡り廊下の下を潜る。
 こぢんまりとした建物が、暗い空間になお黒々と現れる。

 居ないのだろうか……。
 神泊処の戸は閉められ、光の一筋もない。
 神事期間が始まっているのだから、識峰が中で待機している筈であるが、無音の静けさだった。
「こっちだ」
 冬季の案内で、神泊処の背後になる小高い山へと、向かう。次に一郎が続き、最後尾に私。

 冷えるな……。今夜は。
 息を手に吐きかけ、温める。
 夜気に因って、堅雪に積もったものが粉上に保たれている。一足ごとにズボン越しの冷たさが増してゆく。
 行きたくない。
 寒いからだけではない。
 禁忌の山へと登る緊張がある。
 初めて神事を受けた場所に再び向かう事に、気も重くなってくる。

 あれから足を向けた事は只の一度もない。
 山へと登る取掛かり口で、冬季と一郎は、遅れ気味だった私を待っていた。
「目になってくれ。光希」
 闇夜であるから、先頭になってくれと冬季が言う。方角を間違えれば、全く見当違いの方へ登ってしまう。春へと向かい始めた山の木々の根元には、根回り穴も開いていて、下手に踏み外すと足をくじきかねない。
 引き返したい。
 弱音を喉元で止め、先頭を代わった。


 | 目次 | 

別窓 | 第5章 逢瀬山→1 雪椿の場 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雪椿の場 2 | タダ読みたくて | 2年ぶりの復帰>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| タダ読みたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。